食事前の時間を有効に使え

 

<前のページに戻る

 

食事前の時間はなにしてる?

多くの受験生が、朝食の直前まで布団に入ってることが多いだろう。
ギリギリまで寝て、飛び起きて、朝食をかき込んで登校する人がほとんどだ。

朝食を取らない人もいるだろう

 

朝食前の時間に20〜30分、前日の見直しをするだけで一気に成績が上がる

 

前にも書いたが、寝る直前の復習。これをさらに強固にするため、朝食前に軽く見直しをすると、完全に記憶に定着させることが出来るのだ。

 

あと夕食前の夕方の時間帯。この時間は人間の交感神経(攻撃的になる神経)が盛んに活動しだす時間帯。最も勉強効率が高い時間帯と言えるであろう。

多くの受験生は、夕食前のこの時間はテレビを見たり、ゲームをしたりとダラダラ過ごすことが多い。そしてご飯を食べてから勉強しよう!って思うのだ。

でも先述したとおり、食後すぐは、今度は副交感神経(休息の神経)が働き、頭はどよ〜んとしていることが多い。

 

なので夕食前の勉強は、例え20分でも30分でも、食後の勉強の数倍の効率を発揮するのだ。

食事前の勉強をもっと大事にしよう!

<前のページに戻る

もっと勉強時間を大切にできる方法です>>

 

 

友達にこのWEBセミナーを教える

 

友達や後輩にもこのWEBセミナーを教えてあげて、一緒に合格しよう!

下のリンクをクリックすると、当WEBセミナーの申し込みURLが書かれたメーラーが立ち上がります。宛先にお友達のメールアドレスを記載後、送信してください。

 

友達にこのWEBセミナーを教える